福岡県事業承継支援ネットワークについて

福岡県事業承継支援ネットワークとは、中小企業の事業承継を支援する公的機関です。

福岡県における円滑な事業承継を推進し、地域経済の活性化、地場産業および地域における雇用維持等を目的として、事業承継に向けた早期かつ計画的な準備や課題解決のため、福岡県内の支援機関が一丸となって切れ目のない支援を実施する体制を構築します。
4地域の地域中小企業支援協議会と商工団体、金融機関、士業等専門家、行政が連携した「福岡県事業承継支援ネットワーク」を核として、各支援機関により事業承継の各段階に応じたきめ細やかな支援に取り組みます。

事業承継の3つの選択肢

  メリット デメリット
親族への承継
  1. 内外の関係者から心情的に受け入れられやすい。
  2. 承継のタイミング・期間が柔軟に決められる。
  3. 相続による「財産権」の承継ができるので、コストが少なくてすむ。
  1. 心情に負けて、経営者としての資質がない後継者に任せてしまいがち。
  2. 相続人が複数いる場合など対立が生じやすい。
  3. 近年は子供が継ぎたがらないことも多い。
従業員等への承継
  1. 後継者候補の数が増える。従業員以外にも、同業他者からの採用や異業種からのヘッドハンティングも検討できる。
  2. 事業をよく知っているので引継ぎがしやすい。
  1. 従業員への承継の場合、経営者としての資質が問題になる。
  2. 後継者候補に、承継する会社の株式を買い取る資力がない。
  3. 現在の社長の個人保証が後継者に肩代われず個人保証が抜けない可能性がある。
第三者承継
(M&A)
  1. より広範囲から的確な会社を選択できる。
  2. 後継者育成の時間がかからない。
  3. 承継先とのシナジー、新規投資等でさらなる成長・発展が期待できる。
  4. 会社の売却で多額の現金を得られる可能性がある。
  1. 希望に合う相手を見つけるのが難しい。
  2. 仲介会社への報酬負担が必要となる。

当ネットワークは主に「親族への承継」を対象としており、「従業員等への承継」「第三者承継(M&A)」については、福岡県事業引継ぎ支援センターと連携しています。

福岡県事業承継支援ネットワーク事務局

所在地 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2丁目9-28 福岡商工会議所ビル8階 福岡県事業引継ぎ支援センター内
電話番号 092-409-0022

事業承継診断(無料)については
お近くの「福岡県事業承継支援ネットワーク」構成機関窓口にご相談ください。